その住宅ローンで大丈夫ですか?|住宅ローンコラム

2014-04-21更新
住宅ローンコラム

「借入期間」と「返済期間」は意味が違う!

住宅ローンには「借入期間」と「返済期間」の違いがあると知っていましたか?今回は4つの事例を紹介しながら、
この2種類の期間が住宅ローンを味方につけるか、敵にまわすかの運命の分かれ道になることを理解しましょう。
賢い「期間」の設定方法を理解することで、住宅ローンの無駄な利息を支払う必要もなくなります。
住宅ローンを借入れ・借換えようという方は、自分にあった「期間」選びができているか
チェックしていきましょう!

一般的に住宅ローンで言う「借入期間」や「返済期間」とは、
金融機関から何年間のローンを組むかという意味です。
例えば、3000万円を30年ローンを組むと言えば、ここで言う期間は30年となります。
この30年という期間に基づき、毎月返済額などが決まります。
既に、あなたの頭の中には金融機関から何年間貸してもらうという感覚に陥ってしまっています。
ここは「何年間借りてやる!」くらいで臨みましょう。

これら2種類の期間の関係は常に、あなた自身で決める「返済期間」のほうが金融機関との間で決める「借入期間」より短くなります。